pbx選びに必要なこと

交換機選定の注意事項

電話交換機(pbx)は企業の規模や業務によって選定が必要です。交換機は簡単に言うと複数の電話回線を必要とする場合に、回線に1対して電話機1台では複数回線を所有していると架かってきた電話に直接行って話しをしなければなりませんが、交換機を介することにより沢山の電話機の中から指定したグループ内のどの電話でも話すことが出来るようになります。
よって、交換機は通話回数の頻度によって必要の有無が変わってきます。例えば1000人の従業員がいても電話の発着信がほとんど無ければ交換機を介しての電話発着信は不必要となります。最近は携帯電話の普及もあり外部からの着信が無ければコストのかかる交換機を余計に必要としないかもしれません。
また、交換機を必要とする場合であっても機種選定を簡単に業者に「任せるのではなく業務の性質や必要とする電話の機能及び将来の拡張等をしっかりと話し合って決めることが重要です。録音機能、パソコン接続、コピー機接続等々最近の交換機は高機能化が進んでおり、何でも良いので高機能の物となっても高機能なゆえに設置時のプログラム設定が高額になることもありますので社内に精通した人材(人事総務が精通しているとは限りません)を選出して慎重に検討しましょう。

PBXとは何?知りたい基礎知識

【PBXとは何か】PBXとは構内電話交換機の事を言います。電話局で使用されている局内交換機に対応できるもので、会社内に設置して内線電話と外線電話同士を交換する事ができる装置の事を言います。・PBXの種類は何があるの?まずは大規模な場合です。大規模な構内交換機は先にプログラミングされている、一定の基準に応じて構内電話機への着信選択制御をします。
外線を介した問い合わせにも効率的に対応できるものがたくさんあります。このような事で使われるのがunPBXです。コンピューターに構内交換機を付けたものです。ソフトウェアの組み換えをする事によって柔軟に制御がされて、より効率的な対応を可能にしています。家電メーカーのサポート窓口などで使われる事が多いです。次に規模が小さい場合です。
この場合の構内電話交換機は着信選択制御機能はありません。1本もしくは少数の公衆回線との接続と内線交換だけできます。また機能はある程度制御される事になります。その時は内線番号を選択する事により特定の部署や担当者と直接連絡を取るなどする事で、公衆回線を構内電話機の間での転送電話などが行える事も多いです。このような装置は交換機と区別してビジネスホンと言われる時もあります。

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月22日
クラウドとの連携を更新。
2017年08月22日
pbxの豊富なラインナップを更新。
2017年08月22日
社内通信に欠かせない存在を更新。
2017年08月22日
pbx選びに必要なことを更新。

カレンダー

2018年1月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031