社内通信に欠かせない存在

ctiとpbxについて

ctiはコンピュータと電話を統合する技術になりますが、pbxはctiを構成するハードウェアの1つとなります。ctiは、ComputerTelephonyIntegrationの略称となら、進化してきたコンピュータと電話をctiで統合することでコールセンターのシステムを実現できます。そして、ここにおける電話はpbxを意味していて、電話交換機pbxだけでは着信呼自動配分や自動音声応答や通話録音は実現不可能です。
さらに、コンピュータだけでも実現できないので、ctiによってコンピュータと電話交換機pbxを統合させることで可能となります。ちなみに、ctiにはメリットとしてコールセンター業務の効率化だけでなく、人件費や運用管理費のコスト削減もあります。そして、PrivateBrancheXchangeの略称となるpbxは、構内交換機と呼ばれることもあります。
内線電話機能を提供するのが役目となる電話交換機pbxは、コールセンターにおいてお客様からの電話をpbxで受けることになります。そこから、pbxからctiサーバに着信信号が転送されることにより、ctiサーバでそのお客様の電話番号に紐付いている情報を検索します。その上、クライアントとなるモニタに表示して、オペレータは情報を見ながら効率的に対応することが可能となります。ctiと電話交換機pbxは、主にコストダウンの削減に大きく貢献しています。

電話交換機pbxの役割について

pbxは、PrivateBranchExchangeの略称となり、アナログ電話用の交換機で複数の社内の電話機を収容して、内線電話を実現することができます。さらに、電話交換機pbxは、外線を局者側の中継交換網に転送する機能も持ちます。また、電話交換機pbxをIP化したものが、IP電話で利用されるIP-PBXと呼ばれます。そして、電話交換機pbxは、構内にある複数の電話機を公衆電話の回線に接続する際の中継装置として役目をこなします。
なので、回線切り替え器や内線交換機と呼ばれたりもします。ちなみに、電話交換機pbxの役割として、構内電話機の機能は機種や内線の構築状況次第により、外線からの発信や着信の制御をするのが基本となります。他にも、内線同士の通話機能もありますが、電話交換機pbxは外線発信制御のためにLCR機能を持っているものが多いとされます。
また、LCR機能はダイヤルされた電話番号を参照しつつ、最も通話料が安い通信事業者を自動的に選択する可能となります。よって、単に特定の通信事業者を自動的に選択するシステムは、ACR機能と呼ばれています。構内交換機となるpbxは、複数の社内の電話機を収容しつつ、内線同士で通話することが電話交換機pbxの主な役割となります。

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月22日
クラウドとの連携を更新。
2017年08月22日
pbxの豊富なラインナップを更新。
2017年08月22日
社内通信に欠かせない存在を更新。
2017年08月22日
pbx選びに必要なことを更新。

カレンダー

2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930