電話交換機(pbx)を使う利点とは?

電話交換機(pbx)の特徴と種類

電話交換機というと、電話局にある大きな交換機をイメージするかと思います。しかし、オフィスで使う交換機はそれとは異なるのです。会社のオフィスに設置し、内線と外線話を交換する役割をしています。そしてこの交換機をPBXとも呼びます。その特徴は、このPBX機能を使うことにより、より優れた電話機能を使うことができるようになります。主に外線からの発信や着信の制御をしたり、基本的に内線同士の通話機能を行います。PBXは数種類あり、それぞれ特徴も異なっています。まず、大企業などの規模が大きい場合にはunPBXというPBXが多く使われています。プログラムしてある基準により、構内電話機への着信選択制御をします。そうすることにより、効率よく外線を介した問い合わせにも対応できるのです。これはコンピューターに構内交換機を付加させたもので、主に家電メーカーのコールセンターのサポート窓口で使用されています。そして、規模が小規模である場合に使用されるのは、ビジネスフォンと呼ばれるPBXです。このビジネスフォンは着信の選択制御機能は持たず、少ない数の公衆回線との内線交換や接続のみ行えます。だいたいの企業ではこのPBXが使用されています。

電話交換機システムを導入

電話交換機(pbx)とは「内線交換機(内線)」とも呼ばれるもので、電話機と電話機を繋ぎ通話することが出来るようになる機能のことです。この電話交換機を利用することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。【会社内での連絡がスムーズになる】例えば5階建ての会社があるとして、何かある度にいちいち違う階の部署に行くことはかなりの負担となるでしょう。
今では社員1人ずつに個別に会社のスマホや携帯電話を渡しているところもあるのですが、会社では様々な部署と共同で作業を行ったり、連絡を行わなければいけない必要が出てきます。その都度携帯電話に電話をかけるよりも、部署に直接電話をかけた方が早い場合が少なくないのです。そして取引先などから電話がかかってきた場合、相手を長い時間待たせてしまうことにもなりかねません。
しかし電話交換機があれば会社の特定の担当者にかかってきた電話を、その担当者がいるフロアに直接繋ぐことで効率的に連絡が出来るようになります。やはり電話同士を繋ぐというのは必要なシステムと言えるでしょう。電話交換機のシステムは今どんどん進化しており、クラウドを利用した電話交換機システムというものも出ています。設備投資を抑えることも出来る優れもので管理も容易なため、今から電話交換機システムを導入する方はこのクラウドサービスを利用する方がいいのかもしれません。

ナースコールシステムの販売や施工などのご提案をしております。 安心の24時間保守対応(お客様保守継続率98%)でサポートしています。 ホテルの客室に無線LANを置くことで手軽に安価にインターネットを使用することができます。 電話交換機のサービスはIP電話やスマホ内線、CTIシステム連動やその他どこでも内線サービスなどをご用意。 電話交換機pbxの導入ならコチラをチェック!

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月22日
クラウドとの連携を更新。
2017年08月22日
pbxの豊富なラインナップを更新。
2017年08月22日
社内通信に欠かせない存在を更新。
2017年08月22日
pbx選びに必要なことを更新。

カレンダー

2018年7月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031